一般社団法人民間災害時動物救済本部(CDCA)

 CDCA動物救済本部は、机上の作業ではなく、直接現地に出向き、動物のレスキューを行い、実際に動物が救われるように活動する団体です。
東日本大震災と福島第一原発放射能事故により、福島被災地に取り残されたまま、未だレスキューされない犬や猫を主とする被災動物がいます。
また、移動や里親に出すことのできない牛等の大動物を生かすために現地の厳しい条件の中で守っておられる方もいます。
 震災後、多くの被災動物は助けられる命でありながら、国や行政、人により助けてもらえなかったという人災によるものです。
このような状況では、今後起きてはならない災害が発生した場合においても、同じようなことが懸念されるため、CDCAとしては、実際に災害が発生した時に、被災した動物達の命をつなぐために、本当に必要とされているところに手を差し伸べることができるような役立つ本部を作っていきたいという考えに至りました。   
わたし達CDCAは東日本大震災福島での活動経験を生かし、あくまでも一つの団体として、現地で動物達の命を救えるようなネットワークの構築を目指し、次世代に繋いでいける実践的な活動に取り組んで参りたいと考えております。

topics

情報発信